ニオイのケアには気を使って

わたしは普段、体臭がきついほうではないと思っていますが、体のにおいには気を使っています。わたし自身がにおいに敏感だからです。夏場など汗をかく季節は特に気をつけています。朝起きたら脇の下や首筋、背中を汗拭きシートで拭いたりします。ひどく汗をかいたら、朝にシャワーを浴びています。体温が上がると頭のにおいも強くなるので、ボディフレグランスを髪に少しつけておくと安心です。寝る時は、髪が濡れていると頭皮が蒸れて湿疹ができ、その傷がにおいにつながるので、きちんと乾かしてから寝るようにしています。枕のカバーはこまめに換え、においが付かないようにするのも大切です。
また、仕事中の足元は靴下やストッキングをはいて汗を吸収しています。反対に家に帰ったら素足で過ごしています。蒸れると足のにおいが強くなるので、できるだけ素足でいるようにしています。
体を洗う時に気をつけているのは、耳の後ろを洗い忘れないことです。耳の後ろは意外に汗をかくし、垢もたまるので、たまに洗い忘れるとにおいが気になります。
歯磨きは朝と晩の2回ですが、昼食後はミントタブレットやガムを噛んでにおいを消すようにしています。また、歯磨きの時は舌も軽くブラッシングしています。
自分では自分のにおいに気づけないことがあるので、他の人がにおっていたら自分もそうかも、と思って対処するようにしています。今はたくさんのデオドラント商品もありますし、シャンプーや洗濯洗剤でも香りが良いものが多いので、そういうものも活用しながら体臭に気をつけています。

夏場になると、ワキの下の汗のニオイが気になるので、色々と気を使っています。
制汗剤はもちろん毎日しますが、それでも猛暑の日などは、自分でもニオイが気になることがあり困ってしまいます。
ニオイ対策で一番気を付けているのが、ワキの下のお手入れです。少しでもムダ毛が生えてくると、すぐにニオイがたまりやすくなるので、こまめにムダ毛処理をしています。
お手入れはムダ毛の処理だけでなく、清潔に保つことにも気を使っています。
お風呂に入ったら丁寧に洗い、家に居る時に汗がたくさん出ていそうな場合は、オキシドールで消毒します。
ワキの下のお手入れをして、制汗剤を使っていても、外出中にニオイが気になったら、ティッシュなどで汗を拭きとるようにしていますが、雑菌が溜まっていそうな時は、ティッシュで拭くだけでは、ニオイが取れない時もあります。
そんな時に役立つのが、除菌効果のあるウェットティッシュです。ウェットティッシュでしっかりと汗を拭きとると、雑菌を減らす効果もあるのかどうかは分かりませんが、かなりニオイが抑えられます。
ただ、ワキをウェットティッシュで拭き、湿ったままの状態しておくと、すぐにニオイが復活しやすくなります。
ウェットティッシュで拭き取った後は、ティッシュやハンカチなどで水分を拭き取り、ワキを乾いた状態にしておくと、ニオイを抑える効果が長続きします。
あとはこちらで紹介されているような体臭を抑えるボディソープも併用することで効果が倍増します。
私の夏のニオイ対策をまとめると、ワキの下のお手入れをしっかりとして、制汗剤は必ず毎日使用して、それでもダメな時は、ウェットティッシュで拭き取った後、その水分を拭き取るというのが、猛暑を乗り切るニオイ対策です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA